top of page

【お仕事の詳細】具体的なSNSの使い分け方







こんにちは!

トレンドクリエイツの利用者の清水です!

今回は、各SNSの特徴に基づいた使い分け

について詳しくご紹介します。


前々回のブログにて

Twitter・Instagram・Facebook・LINEの

4種類のSNSについてご紹介しているので

まずはそちらをご覧ください^ ^




さて!上記の主要SNS4つには

それぞれに特徴があるので

それらを上手く活かして運用を行うと

マーケティングが軌道に乗ることも。


なので、SNSの特徴に合わせた

活用方法をご紹介していきます!




⬜︎ Twitterの活用方法


Twitterのメリットは

リアルタイムで拡散されること。

その時々の情勢などに合わせて

発信をするのがベターです。


ユーザー名は自由に設定出来るので

覚えてもらいやすい名前にすると

企業についてのツイートも

見つけやすくなります。


時には「エゴサーチ」をして

ユーザーがどう思っているのかを

確認することも必要です。



手軽にツイート出来て

拡散されやすいシステムなので

まずは企業Twitterを始めてみるべし!




⬜︎ Instagramの活用方法


Instagramでは

写真や動画にテキストを加えて

視覚的にアプローチ出来ます。


アカウント全体の見た目を統一させて

女性ウケを良くさせたり

購買意欲を高める工夫をしましょう。



商品やサービスの説明は

文章だけの解説に比べた時に

画像や動画がある方が

ユーザーがイメージをしやすくなります。


Instagramのユーザーに多い

若者、女性向けのコンテンツ発信が

向いていると言われています。




⬜︎ Facebookの活用方法


実名登録制なところと

個人情報なども載っている面から

情報の信頼性が高いSNSです。


自分の友達が、どんな投稿に

いいねをしたか分かるので

ターゲットを可視化することも可能です。


ビジネス・プライベートの

どちらの友達に対しても発信出来るので

企業からユーザーへの一方的な関係でなく

横の繋がりで拡散することが出来ます。


広告の構成も

そういった所から考えていけます。




⬜︎ LINEの活用方法


LINE@では、個人宛のやり取りなので

拡散力は見込めませんが


DMやお問い合わせフォームの

役割を果たしてくれるので

既に獲得している顧客をキープするための

重要なツールになります。


クーポン配信では

配信後の使用数の計測も可能なので

上手く機能を使いこなすことで

顧客の心を射止めることが出来ます。


また、キャンペーン情報などを

リアルタイムで発信することによって

顧客の目に留まらせることが可能です。




このように、SNSによって

活用方法の内容が全く違います。

こういった知識を少しでも蓄えておくと

マーケティングの際に役立つので


今後更新するブログでも

ぜひ知識の貯金をしてみてください^ ^


次回のブログもお楽しみに!!




\ただいま利用者様を絶賛募集中です!/

▲▽トレンドクリエイツ▽▲

〜大阪天満橋のA型就労支援施設〜


①お電話から

06-6450-6669


②メールから

saiyou@seed.icu


③LINEから

このページのヘッダーからご連絡ください!



閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page