top of page

【障がいと健康】キツい糖質制限でなくても低糖質な食事でも体調は安定します!【Part22】


皆さんこんにちは!


トレンドクリエイツの奥村です(´•ᴗ•` )


以前からこのブログではワタクシの経験から糖質制限を非常におすすめしており、

関連記事も多数書かせていただきました!(  -᷄ ω -᷅ )و ̑̑

キツめの普通の糖質制限であったり、シンプルでゆるい糖質制限であったりのやり方もご紹介させていただきました!


今回は糖質をキツめに制限しなくても、ただの低糖質な食事、

もっと言うと糖質の摂取量を意識して減らすだけでも

体調は整って安定してくるんだよということをお伝えさせていただきます!(๑>◡<๑)



前回に続き、今回は低糖生活を成功させるコツを説明していきます!


☆★☆低糖生活を成功させるコツ☆★☆


再度復習ですが、「糖質は余れば毒だが余らせなければ問題ない」ということから

「余らせないために動く(であろう)前に摂取すればいい」というのがポイントになってきます!\_(・ω・`)ココ重要!


したがって、もう動かないとわかっている時はいっそのこと米・パン・麺類は一切摂らないで抜いてしまう、これから運動するからお茶碗一杯エネルギーを貯めておく、こんな感じでざっくりしていても問題ありません!╭( ・ㅂ・)و ̑̑


ワタクシもケトジェニックの糖質制限をしていた時は徹底して一食20gを超えないように計算して献立立てと調理をしていましたが、シンプルゆるい低糖質な食事では上記のように割と大雑把に管理していても問題ありませんでした!!


また、これは個人の感覚・感想にあたるものですが、歩いて買い物に行くくらいの活動量なら糖質40gくらい(小さめお茶碗軽めに一杯のご飯くらい)、ハードに筋トレをするなら60~70gくらい(およそ麺類一杯くらい)摂ると十分問題なくこなせたかなと思います!( • ̀ω•́ )✧



というわけで今回の内容は終了なのでまとめると、


・キツい糖質制限でなくても意識して低糖質にするだけでも体調は整う

・糖質の過剰摂取は毒、しかし必要な分だけ摂るには問題ない

・低糖生活のコツは動く前なら摂ってよし、動かないなら摂らない


以上になります!


シンプルゆるい糖質制限の記事の初掲載のタイミングではワタクシは絶賛ケト中だったので、

今回のような実際にやってみた記事が遅れてしまって申し訳ありませんでした!m(_ _)m


しかし、ワタクシの記事では基本的にはネットで調べただけの受け売りというのは一切なく、

ワタクシ自身が実際に試してやってみてよかったものに絞ってご紹介していくような、

本物の情報をお届けして参りますのでぜひ引き続きご愛読いただければうれしく思います!O(≧▽≦)O


今回の内容が皆さんの不調改善やダイエットに役立てば嬉しいです!(ఇ˃́⌔˂̀ಣ)

今回の関連記事として、

【障がいと健康】三大栄養素の解説付き!シンプルなゆるい糖質制限でのんびり少しずつ健康になろう!【Part15】

もよかったら後で読んでみてネ(。•ω- 。)



じゃまた!


〜トレンドクリエイツ 奥村~


閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Kommentare


bottom of page